最新の税理士法について

税理士の独占業務とは

banner 独占業務とは、資格を持っている者しか行う事が出来ない業務のことをいいます。税理士資格を持つ者だけが行える業務を、税理士の独占業務といい、税理士の独占業務は税理士法で定められていて、その業務には次のような3つがあります。(納税代理)納税者に代わっての税務署への申告、申請、請求、納税調査の立会。納税代理は無償の場合でも税理士以外はできない行為です。(納税書類の作成)納税者に代わっての書類の作成と提出。(納税相談)税額や税計算や税に関する必要手続きなど、税につて分からないことにつての相談。税理士のその他の業務には、月々の売り上げや経費を計算する記帳代行や、経営のアドバイスなどを行う経営指導などがあります。

治療して良かった♪

港区高輪の売買物件検索はこちら!

体が痛い。。

良く当たる占い師安慶齢

リサイクルマートとは

税理士法の関連情報はこちら

税理士法は、税理士の使命や業務及び資格、そして税理士試験や税理士会・日本税理士連合会について定めてい

税理士法の内容について

税理士法では税理士の禁止行為を定めています。税理士としての知識を悪用しての自身や顧問先の脱税あるいは

税理士法は税理士の倫理を守ります

税理士法とは、税理士に関する法律のことです。一般的には、税理士が在り方や禁止行為や罰則などの情報を法

税理士法とはどのような法律か